ゲリラ豪雨から避難するために必要なもの

投稿日2018年1月2日 投稿先 未分類

ゲリラ豪雨はもちろんのこと、最近では自然災害が度々ニュースで報道されています。
ニュースで被災者の方々にインタビューをすると「何も持たず慌てて家から飛び出した」という話をよく聞きます。
確かにすぐさま家から避難するのは判断としては正解だと思います。
しかし出来ることなら、避難所生活を想定した何かしらのアイテムを持って避難したいものです。
そこで今回は避難するために必要となってくるアイテムをご紹介しましょう。カリビアンドットコム

まずは着替えの洋服や持病の薬、飲料水、携帯食料、電池、タオル、その他衛生に関わるものを用意し、一つの袋をまとめておきます。
続いて、この非常用の持ち出し袋を家族全員分用意します。
また乳幼児や高齢者のいる家庭では、それらにあわせたものを袋にしっかりと入れておきましょう。
これらの袋を常備することで、いつゲリラ豪雨を含む自然災害に遭遇したとしても、安全に逃げ出すことができます。

こういった避難用の袋は割りと軽視されがちです。
しかしこういったアイテムがあるか無いかだけで、避難所での生活は大きく変わります。
出来る限り快適に避難所暮らしを行うために、こういったアイテムは必ず準備するようにしましょう。

また避難所ではなく家でこれらの災害の後に生活する際にもいくつか必要になってくるアイテムがあります。
水や食料品、カセットコンロにボンベ、防水の懐中電灯、電池式の携帯電話充電器、予備の電池、これらに日用品や持病の薬は必ず用意しておきましょう。
災害が発生するとライフラインが絶たれる可能性が高いです。
そのためいつ災害に遭遇しても良いように、家にも防災アイテムを準備しておくようにしましょう。