都市と非都市でのゲリラ豪雨被害の違い(2)

投稿日2018年1月2日 投稿先 未分類

前回は都市においてゲリラ豪雨が発生した際の被害についてみていきました。
今回は非都市、いわゆる田舎でゲリラ豪雨が発生した際の被害についてみていきましょう。

まずは前回定義した非都市の定義からおさらいしましょう。出会いSNS
非都市とは、高層ビルや複数の交通機関が存在する都市とは違い、比較的自然が残っている田舎町を指します。
なかでも今回は河川や山がある町を非都市として取り上げましょう。

まず非都市でゲリラ豪雨が発生した場合、もっとも警戒しなくてはいけないことがあります。
それは河川の氾濫です。
ゲリラ豪雨は急速に河川の水嵩を増しますので、短時間だからと油断をしていると、河川の氾濫による被害を受けてしまいます。
特に家のすぐ近くに河川が流れている場合は要注意です。
場合によっては氾濫した河川によって家が流されてしまう場合があるのです。
河川の近くに住んでいて、ゲリラ豪雨の警報が流れたときにはすぐ非難できるよう日頃から準備をしておくことが大切です。
そして家のすぐ近くに山がある場合、これも要注意です。
ゲリラ豪雨によって地盤が緩み、土砂崩れを起こしてしまう可能性が高いからです。
もし山が近くにある場合は、様子見などで山へ向かうのを避け、冷静に避難しましょう。

ゲリラ豪雨が発生した場合、非都市で大切なことはすぐに非難をすることです。
過去の経験から「今回も何も起きないだろう」と油断している時ほど、恐ろしいものはありません。
また非都市に親戚や友人がいる場合、ゲリラ豪雨がその地域で発生したら出来る限り連絡を取りましょう。
場合によっては非難するよう貴方が促してあげてください。