オリゴ糖とビフィズス菌

投稿日2018年1月18日 投稿先 未分類

甘味料としてのオリゴ糖は、実は近年に至るまであまり大きな注目は集めていませんでした。
というのも、同じ甘味料である砂糖があまりにスタンダードであるため、オリゴ糖はあくまでも「マイナーな甘味料」という位置付けだったのです。
実際、甘味度では砂糖の方が上であり、コスト面においても砂糖の方が有利なので、どうしてもオリゴ糖は陰に隠れがちでした。

そんな波多野結衣 無修正オリゴ糖に注目が集まったのは、実は低カロリー食品のブームが到来する以前の話だったりします。
「ビフィズス菌」との関係が明らかになった事で、オリゴ糖にスポットライトが当たるようになりました。
元々、オリゴ糖の存在はかなり以前から明らかになっており、研究の対象となっていたのですが、その研究の結果、ビフィズス菌がオリゴ糖を栄養分としている事が明らかになったのです。

ビフィズス菌といえば、人間の腸に存在している菌で、悪玉菌を追い出すなど、腸の健全性を保つために必要とされている有用な菌として有名ですね。
そのビフィズス菌の栄養となっているという事は、人体に好影響を与えるという事。
これによって、オリゴ糖は健康志向の人に人気を博す事となりました。

オリゴ糖は、腸において吸収される事がほとんどない物質です。
ですが、ビフィズス菌が食べてくれる事で、体内に残らず健康に役立つ事になります。
これが何を意味するかというと、甘い物を摂取しつつ健康にも良いという、甘い物好きな人にとっては非常にありがたい甘味料という事になるのです。